JavaScriptが利用出来ません。価格表示にはJavsScriptが必要です。設定をONにしてご利用ください。

大阪 ホームページ作成は株式会社アップポイント

大阪を中心にWEB作成・開発 SEOについて

ホームページ制作 大阪のアップポイント
アップポイントへお問い合わせ
ホームページに対する考え
  • ホームページの価値
  • ホームページを作るときのポイント
  • ホームページを成功に導く
  • ホームページを成長させる
アップポイントについて
  • アップポイントの取り組み
  • 事業者概要
  • アップポイント代表者のご挨拶
  • アップポイントにできること
ホームページに対する考え
  • ホームページの特徴から探す
  • ホームページのリニューアル
  • ホームページの制作プラン一覧
  • ホームページの新着制作実績
    • 池田産業株式会社新規サイト制作
    • 池田産業株式会社新規サイト制作
    • I'sMEDICAL 安部歯科医院サイトリニューアル
    • I'sMEDICAL 安部歯科医院サイトリニューアル
    • 辻歯科医院サイトリニューアル
    • 辻歯科医院サイトリニューアル
ホームページのSEO

 

SEOについて

SEOについては様々な情報が存在しているためか、よくお客様より「信じられる情報がない」や「SEOは基本的に怪しい・・・」と言う言葉を耳にします。

SEOにおいては、検索エンジンが独自のルールに則って検索結果の順位を定めていて、上位表示するための具体的な評価ポイントは公開されていませんので、「この方法を行えば必ず上位表示します。」と言う方法は存在しません。そのためか、ネット上には様々な情報が溢れているようです。

情報に流されずSEO

を行なっていくためにも一度立ち止まってSEOについてよく考えていませんか?

 

SEOで大切な事は対象ユーザーの種類を見分けることです。

当社では大きく分けて2つのユーザーに分類しています。ユーザーがホームページに訪れる場合は何かのニーズや目的を持って訪れます。

大切な事はこのニーズや目的の種類です。

 

顕在的なニーズや目的を持っているユーザー

顕在的とは、ユーザー自身が求めているものを明確に理解している状態を言います。

例えば当社の業種に例えて考えてみたいと思います。

大阪でカフェをオープンする予定のユーザーがいたとします。

このユーザーはカフェをオープンするにあたり、宣伝をする必要があると考えています。

宣伝にはチラシをメインに考えて、チラシからホームページに誘導して自店舗のよさを伝えようと考えています。

当然このケースの場合は、宣伝する必要があります。

その方法は「チラシ」「ホームページ」です。

このように、必要な物がわかっているので後はチラシとホームページを作ってくれる制作会社を探すと言うアクションになります。

この場合でSEOを考えるには、顕在的なニーズ

のユーザー向けにキーワードを考える必要があります。

例えば、「大阪 ホームページ制作」や、「大阪 飲食 ホームページ制作」などになります。

 

 

潜在的なニーズや目的を持っているユーザー

潜在的とは、ユーザー自身が求めているものは理解しているが、さらに細かくは何が必要なのか・何が最善の方法なのかを検討している状態をいいます。

上記と同じ例で考えると、カフェをオープンするにあたり宣伝は必要だと言う事は理解しているが、その方法がチラシのみがいいいのか、ホームページのみでいいのか、又はその両方か、または全く違う何かかなど、方法を決めかねているユーザーと言う事になります。

この場合は、ホームページを持つことのメリットを理解できるコンテツを用意し、潜在的なニーズのユーザーが検索するキーワードでSEOを考える事が重要です。

例えば、「飲食店 宣伝方法」や「カフェ 宣伝方法」などになります。

 

 

ユーザーの種類についてのまとめ

このように、ユーザーを明確に見極める事で同じ業種であっても狙うキーワードがまったく違うものになります。上記は一例ですが、SEOを考えた場合に競合性や難易度・費用対効果からユーザーの種類をしぼり、SEOを行なっていく事が大切です。

 

次に当社が考えるSEOの手法についてご説明させて頂きます。

SEOの手法について考える

 

 

ホームページ作りを考える

  • ホームページ作りの価値について

  • ホームページを作るということ

  • ホームページを成功に導く

  • ホームページを更に成長させる